TOP耐震診断の流れ→構造計算確認業務

 
 


【予備調査】

現地にて依頼内容の確認を行い予備的調査として下記内容を確認し記録に残します。
この予備調査により1次診断の必要性を判断します。

既存図面の有無の確認
(既存図面が無い場合、1次建物診断の必要がある場合には図面製作の必要があります。)
既存図面と現状を比較しその内容を確認します。
現地調査方法を検討します。
建物の築年数・盛土の有無・住宅金融公庫の利用有無及び建築確認申請の有無の確認を行う。
(登記簿が有れば見せて頂く。)
外観の状況を確認する。
屋上防水の状況確認を行う。
以上の内容を調査し構造計算確認の必要性を判断する。
 
【耐震診断調査】

現地にて調査内容と設計図書により耐震診断を下記内容により行います。

コンクリート強度の調査
シュミットハンマーにより(10箇所)コンクリート強度の推定を行う。
コンクリート中性化試験
コンクリートコア採取し(3箇所)中性化の試験を行う。
コンクリート圧縮強度試験
上記分のコンクリートコア摂取資料により圧縮強度の試験を行う。
設計図書により鉄筋調査部分を決定し鉄筋探査機によりコンクリート内部の鉄筋位置、かぶり厚さ、及び鉄筋径の検査を行う。(10箇所)
外壁打診調査
小型ハンマーにより直接打撃により打診調査を行う。
(調査範囲については直接打診可能範囲とします。)
(仮設足場、又は、ゴンドラ使用の場合は別途見積を致します。)
構造計算書により上記調査内容との合理性確認を行う、又、構造計算書の内容チェックを行う。
総括表の作成
各調査内容を記入し総合コメントを作成。

【補強計画の作成】

構造耐震診断に基づいて、「補強計画書」を作成し説明します。

【工事施工監理】

建物の補強計画に基づいて、工事の施工監理を行い「工事完了報告書」を作成し、説明します。

 

〒818−0119  福岡県太宰府市連歌屋1丁目19番6号
TEL : 092-408-9625  FAX : 092-408-9527