TOP耐震診断の流れ→耐震診断(耐震診断の必要性)

 
 




耐震診断は現行基準法以前に建てられた旧い建物が現行の新耐震設計法と同等以上の耐震性を有するのかを判定するものです。

設計図の詳細な検討、現地における数々の調査を実施し、それらの総合的な評価から、建物の地震に対する安全性を判定します。
 
耐震診断とは、予想される大地震動に対して、建築物が耐え得るかどうか(建築物の耐震性能)を調査・検討することです。

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災(震度7:気象庁初の設定、マグニチュード7.3:都市直下型としては世界最大級)では6,433人の方が犠牲となり、約25万棟の家屋が全壊・半壊しました。なくなられた方の8割弱が建築物の倒壊等による圧迫死や窒息死であったことが報告されております。
また、現在も我が国のいくつかの地域では大地震発生の可能性が懸念されており、早急な震災対策の必要性が指摘されています。既存建築物の耐震性能を正しく診断し、適切な耐震補強を施すことは、大地震から人々の生命・財産を守ることはもちろん、既存ストックの有効活用の観点からも極めて重要かつ急を要する課題であります。
 
 

〒818−0119  福岡県太宰府市連歌屋1丁目19番6号
TEL : 092-408-9625  FAX : 092-408-9527